大切なあの人へ、AR動画で楽しい
メッセージを贈りませんか?

プライバシーポリシー / ご利用規約

keiroo

ブログ

おじいちゃん、おばあちゃんに、感謝の気持ちを込めたメッセージを贈ろう!!

敬老の日は、長い年月をかけて社会に尽くしてきた老人に敬意を払い、長寿を祝う日とされています。1966年に9月に制定され「敬老の日」として国民の祝日になりました。この日は、おじいちゃん、おばあちゃんに「感謝をする日」です。あなたは、どんな方法で「感謝の気持ち」を伝えていますか。「お花やお菓子」をプレゼントしたり、まだ小さなお孫さんなら「肩もみ券」や「お手伝い券」をプレゼントしたり、ご一緒に「お食事」など、お出掛けされる人もいらっしゃると思います。また「お手紙」や「メッセージカード」で日頃の「感謝の気持ち」を伝えるのも、「敬老の日」ならではの特別感があって良いのではないでしょうか。

そこで「お手紙」や「メッセージカード」を使ったユニークな方法をご紹介します。“動画が動き出すプリントシール”の『ARおたよりさん』です。『ARおたよりさん』は、最新AR技術を用いた“動画が動き出すプリントシール”で、スマホをプリントシールにかざすとプリントシールに印刷された絵柄が動き出す、まさに魔法のようなプリントシールです。はじめて観る方は、動かないはずのシールの絵柄がスマホ越しに動く意外性にビックリ!笑顔がこぼれ出します。

おじいちゃん、おばあちゃんに渡す「お手紙」や「メッセージカード」に“動画が動き出すプリ
ントシール”の『ARおたよりさん』を貼れば『動くメッセージカード』が完成です。『ARおた
よりさん』の作り方はカンタンです。おじいちゃん、おばあちゃんへの「感謝の言葉」をスマ
ホで撮影して「メッセージ動画」を作ってください。「メッセージ動画」を『ARおたよりさん』
にアップロードすれば、最新AR技術を用いた“動画が動くプリントシール”に加工してお届けします。

『ARおたよりさん』は“動画が動くプリントシール”なので「お手紙」や「メッセージカード」
の他にも、いろいろなモノに貼ることができるので使い方は無限大です。おじいちゃん、おば
あちゃんは「敬老の日」を待ちわびていると思います。是非、あなたの「感謝の気持ち」を『
メッセージ動画』に込めて贈ってあげてください。絶対に喜びますよ。

AR動画メッセージのPOINT

「感謝の気持ち」をどういう風に「メッセージ動画」で伝えますか?
たとえば、おじいちゃん、おばあちゃんとの「小さい頃の思い出」や「買ってもらったモノ」。または、「連れて行ってもらった場所」や「作ってもらった料理」など、あなたの思い出に残るエピソードを織り交ぜながら「メッセージ動画」にすれば、おじいちゃん、おばあちゃんも思い出のシーンが浮かんで来て、うれしさも倍増です!!

また『ARおたよりさん』は、あなたの「感謝の気持ち」の『メッセージ動画』がはじまる前に、オープニング映像の『プレゼント箱』が現れます。『プレゼント箱』が開くと、あなたの「メッセージ動画」が再生されます。『プレゼント箱』のオープニング映像は5種類の中から選べたり、また、あなたの『メッセージ動画』の周りを華やかに彩る『壁紙フレーム』が100種類の中から選べますので、おじいちゃん、おばあちゃんへの「感謝の気持ち」を伝える『メ
ッセージ動画』がカンタンに誰でも作れます。さぁ、おじいちゃん、おばあちゃんが喜ぶ敬老
の日に「新たな思い出」を作ってください。

ARおたよりさん 豆知識

長寿の国、日本のおじいちゃんとおばあちゃん。
厚労省が発表した平成 30 年簡易生命表によると、男性の平均寿命は 81.25 歳、女性の平均寿命は 87.32 歳となり前年と比較して男は 0.16 年、女は 0.05 年上回りました。また、100歳以上の日本人の総数は7万1,238人(令和元年9月1日現在)で、全体の88%が女性とのこと。今年、老人の日の記念行事として100歳を迎えた高齢者に内閣総理大臣からのお祝い状と記念品を贈呈された方は3万7,005人(令和元年9月1日現在)です。厚労省が調査をはじめた昭和38年に100歳を迎えた方は男女合わせて153人であったことを考えると飛躍的な増加になりました。敬老の日はおめでたい日です。おじいちゃん、おばあちゃんに日頃の感謝の言葉を『ARおたよりさん』で伝えてみませんか。

※平成30年簡易生命表の概況 厚労省

タイトルとURLをコピーしました