大切なあの人へ、AR動画で楽しい
メッセージを贈りませんか?

プライバシーポリシー / ご利用規約

Business card

ブログ

「動く名刺」があれば、さまざまBtoBのビジネスシーンでご活用できます。

『動く名刺』をご存知ですか。
あなたの会社の名刺に『動画が動きだすプリントシール』を貼れば、見たことも聞いたこともない『動く名刺』がカンタンに誰でも作ることができます。

『動く名刺』は、あなたがスマホで撮影した動画メッセージを『動画が動くプリントシール』にします。そのシールを名刺に貼ればカンタンに『動く名刺』が完成です。

『動く名刺』なら、はじめてご訪問するお客様への『営業担当の自己紹介』で話題性を作り、強く印象を残すことができます。また、『新商品紹介』や『会社や工場紹介』、『展示会やセミナーのご紹介』をすることができますので、お客様に会社の内容を深く知っていただく良い機会がつくれます。

お客様へのご訪問時に時間がなくて語ることができなかった『あなたと御社の素晴らしさ』を、
モノを言う『動く名刺』なら、あなたに代わって多弁にご紹介することができますので、営業
チャンスに結び付けることも可能です。『動く名刺』の使い方は、あなたのアイデア次第で無限に広がります。

AR動画メッセージのPOINT

『動く名刺』を作るとしたら、あなたならどんな使い方をしますか?
はじめてご訪問するお客様に、営業トークで『あなたと御社の素晴らしさ』を深く語り尽くせる時間はありません。

そんな時、『動く名刺』があったら、『あなたと御社の素晴らしさ』を、嫌味なく自然に深く印象付けることができ、尚且つ『動く名刺』を活用するおもしろさを話題にすることで、新規のお客様に強く印象に残すことができます。

また『新商品紹介』をすることも可能です。『展示会やセミナー』のご紹介も動画メッセージに盛り込むと、さらに御社のプレゼンスを高める事ができます。

ARおたよりさん 豆知識

新規獲得は営業活動のテーマ。
営業活動についての実態調査では「営業活動における新規開拓の割合」の59.9%が「既存顧客が多い」ようです。目標達成できた理由では「新規開拓に注力した」(20.2%)のポイントが高く、目標達成できなかった理由では「新規開拓を怠った」(21.0%)のポイントが高いことも踏まえると、新規開拓が大きな課題のひとつであると言えるようです。『動く名刺』で新規開拓獲得を目指すのも、ひとつの手段ではないでしょうか。

※出典:「日本の営業実態調査2019」株式会社アタックス・セールス・アソシエイツ

タイトルとURLをコピーしました